ライナーノーツ

5/30 ワンマンの日に初めて披露させて頂きました。

この曲は今回のアルバムの中で一番新しい、一番最後に出来上がった曲となります。

歌い方、曲の空気感はもちろん、

どんな曲にしたいかは円滑に決まっていましたが、難しいメロディーラインを作っていたので、歌の録音は特に慎重に丁寧に時間をかけながら制作しました。

 

まだまだ青くて未熟で、脆い、そんな弱い自身の心を歌った曲です。

今の私というものを、持っている力全てで表現しました。

 

日々過ごす1日1日の中で、何かを成し遂げたり、何かを残したいという想い、

認めてもらいたい承認欲求の想い、

そんな心に体は追いつけず、心と体が一致しません。一人前の人間としてはまだまだ未完成で、力が足りないと感じることが多いです。

臆病で不器用な自身を【蒼い血】という言葉で作品にしました。

 

少しずつでも意味のある一日に変えていきたいなと、

時間を無駄にしたくないなと思い歌っています。

 

 

 

今回もギターは生音で、

ベース、シンセ、ドラムは打ち込みで制作させて頂きました。

 

MIXも少し手掛けさせてもらっております。

 

 

かなり歌に力を込めた作品なので、

是非聴いてくださったら嬉しいです。

 

よろしくお願い致します!



(ブログ2021.6.4より転載)


楽曲試聴

menu